カテゴリ:クライストチャーチ2018( 45 )

冬のニュージーランド旅(19)飲み鉄 ♪ トランツアルパインにて。

では、グレイマウスまでの飲み鉄のようすです!!

これが食堂車です。この奥に売店があります。食堂車は少ししか座るところがないです。
c0212604_20235194.jpg

ここ。この奥が売店です。もちろんカード払いOKですが、トンネルの中とか山の間だと電波が届かなくて、カードが使えないときがあるそうです。
c0212604_2050912.jpg

途中大きな川もいくつかわたります。
c0212604_20273234.jpg

景色もみたいけど、なんか食べたい。朝からスプリングフィールドでコーヒー飲んだだけなので。食べ物はサンドイッチやチンして食べるもの。ラップサンドや、サラダとか。
c0212604_20421547.jpg

飲み物はワインビールなど、なかなか豊富。フルボトルも売っていた。「まさかフルボトルを1本は飲まないよね!?」って思っていたけど、小さいの4本飲んだので、1本飲むのと同じになってしまった。(苦笑)
c0212604_20433817.jpg

最初に買ったのは、こんな組み合わせ。鶏肉とほうれん草のサンドイッチ。おいしそうなサンドは売り切れてしまうので、買うなら早めに確保するのが吉です。
c0212604_2045323.jpg

食堂車の席で食べました。(なんせ自分の席はB席で、隣は厳しそうな、おばあさんだったのです)サンドイッチの後は、エスニックなライスサラダを食べました。ナッツも入っていて、なかなかおいしかった。
c0212604_20484218.jpg

でもって、羊さんを見ながら飲む!
c0212604_2027583.jpg

牛さんを眺めながら飲む!!
c0212604_20284184.jpg

そしてスティルワインも買ってきた。(あらあら)
c0212604_20465280.jpg

青空に乾杯♪

c0212604_2029069.jpg

あー、なんか絵になる樹です。
c0212604_21191156.jpg

そしてもう一本。┐(´д`)┌
c0212604_20492725.jpg

滝もありました。
c0212604_20293963.jpg

車両は進んでいきます。機関車のすぐ後ろは貨物が2両。カラフルですね。
c0212604_2058544.png

湖もありました。
c0212604_20515653.jpg

ボートもあります。観光地なんでしょうね。もうグレイマウスが近づいています。
c0212604_20304288.jpg

ある駅を通過したときに見た、赤い木製の歩道橋。
c0212604_21125841.jpg

こんな歩道橋みたことないわ。
c0212604_21141366.jpg

そしてとうとう、到着しました。午後13時すぎになっています。
c0212604_21145478.jpg

グレイマウスです。
c0212604_21151917.jpg

もともと、トランツアルパインは、船の接岸に適さない西海岸のグレイマウスから、クライストチャーチのリトルトン港に石炭などを運ぶための鉄道だったらしいです。その石炭は、リトルトン港から輸出されていったそうです。

観光列車となったトランツアルパイン。今は石炭の代わりに、酔っ払いのオバチャンを乗せて、走るのであった…。鉄道を開拓した人は、きっと怒っていると思う。
ご、ごめんなさい~!
(;^_^A

(しかし、翌日も飲み鉄するのであった…)


南半球での飲み鉄、楽しかった!!
きれいな景色とおいしいワイン。それだけで幸せだよね!

   ↓    ↓

にほんブログ村

にほんブログ村
by lovehorse | 2018-08-14 23:45 | クライストチャーチ2018 | Trackback | Comments(2)

冬のニュージーランド旅(18) トランツアルパインでアーサーズパスへ

さて。いよいよトランツアルパインに乗ります。この旅行では、馬合宿と、この観光列車がメダマ企画でした。
c0212604_7333127.jpg

車内は満席で、賑わってました。明るい車両です。天井のモニターに「どこまで進んでいるか」を示す地図が出ます。
c0212604_7324677.jpg

こんな感じです。座席にはヘッドフォンがあって、通過地点の案内を聴くこともできます。(写真撮ったと思ったが、なかった)
c0212604_2117884.jpg

だんだんと山の中へと入っていきます。平野がだんだん遠くなっていきます。
c0212604_20454691.jpg

こちらが展望車両です。吹きっさらしの、車両です。寒いけど楽しいので、寒さは感じません。
c0212604_7342276.jpg

おー。トンネルに入りますよ。トンネルはいくつも通過しました。HPの説明によると「16カ所のトンネルを通り、最長はオティラ・トンネルで長さ8.5キロ」だそうです。さすが山の中です。
c0212604_20481891.jpg

展望列車はいつも混んでます。
c0212604_7392782.jpg

そしていよいよ山が見えてきました。雪山です。そう言えばスプリングフィールドはスキーの拠点にもなるらしい。
c0212604_7412429.jpg

ちょっと曇っているけど、キレイです。
c0212604_7421225.jpg

一斉にカメラを向ける観光客。(オレも)
c0212604_7402987.jpg

ちょっと晴れてきて、アルプスらしくなってきた!!
c0212604_2050519.jpg

…と思ったら、アーサーズパスにつきました。標高は737m。鉄道を開通させるときには、一番の難所だったとのこと。
c0212604_20515936.jpg

ここで一旦小休止。このアーサーズパスからバスでまたクライストチャーチへ戻る日帰りツアーがあるみたいでした。中国からの観光客が、ガイドさんに連れられて、大勢降りていかれました。そう言えば、中国からの観光客の中には、せっかくの列車の中で、激しく眠っている人が結構いました。何しに来たんやろ?トランツアルパインは料金も高いのに…。(笑)

アーサーズパスでは、車掌さんも一息ついてます。
c0212604_20525926.jpg

ここで降りない人も、ホームで写真を撮ったりしています。
c0212604_20574771.jpg

ワタシも外の空気を吸いました。とってもいい空気でした。
c0212604_20584448.jpg

さて、この後は飲み鉄っぷりをレポします!!え?誰も期待してない??(笑)
c0212604_2103299.jpg

ワタシは延々と乗って、飲みたいので、グレイマウスまで行きました。

クライストチャーチとグレイマウスを結ぶ観光列車、Tranzalpineは、コチラから予約できます。ワタシは一か月前くらいには、予約しましたが、クライストチャーチでのチェックインではなかったせいか、B席(通路側)になってしまいました。グレイマウスからの帰り(次の日)は「明日はD席にして!」と駅の受付にリクエストしていたせいか、D席(山が良く見える方の窓側)になりました。(←あつかましいヤツ)

予約時に席まで指定できたらいいのに…、と思ったのですが、どうもグループの人数を見ながら、直前に席を決めるみたいです。1人参加の人は、残ったバラバラなところに入れられるのかも…とか、思いました。


南半球での飲み鉄も楽しかったですよ!!
まだちょっとお付き合いくださいね~♪

  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-08-13 23:42 | クライストチャーチ2018 | Trackback | Comments(2)

冬のニュージーランド旅(17) スプリングフィールド駅からトランツアルパインに乗りました!

馬合宿3日目のあとは、スプリングフィールドまで送ってもらって、一軒だけあったお店で、ハンバーガーとビールを飲んで。
次の朝はあの謎のドーナツ(皆さんからのコメントで理解しましたが。笑)を見ながら、駅へ行って、トランツアルパインに乗車する…という日でした。

なーんもない、駅への道。寒々しています。
c0212604_5251283.jpg

駅に着いたら、駅員さんに予約票を出して乗車券を貰うんだと思っていたのですが、駅はシーンとしておりました。
c0212604_6582648.jpg

駅で、朝から開いているのが、カフェとなぜかアンティークショップ、それに地元野菜を売るようなお店。駅の事務所はなく、駅員はいませんでした。野菜を売るお店のお爺さんに聞いてみたら「トランツアルパインから乗務員が降りてきて、改札する」とのこと。

では、寒すぎるので、カフェに入ってコーヒーでも。
c0212604_531953.jpg

なんか、和む感じのカワイイ店内。お店のお母さんも優しくて、心が温まる。
c0212604_5302746.jpg

鉄道ファンなら喜びそうな、昔の鉄道グッズが展示されています。
c0212604_5315012.jpg

開拓の歴史上、スプリングフィールドは重要な拠点だったとのこと。アンティーク屋さんが駅にあるのも、そういうことなのかも。
c0212604_5332715.jpg

鉄道の歴史の写真も。
c0212604_5341843.jpg

これがアンティーク屋さんの入り口付近。かなりたくさんのものがありましたが、もって帰られるようなものはありませんでした。古いティーセットとか。ステキだった。
c0212604_2291543.jpg

ホームに出てみたら、荷物の上に枕が置いてあった。結構枕をもって旅する人が多いんですよね。コチラ側は、クライストチャーチ方面です。
c0212604_5345139.jpg

コチラが、山方面。山を越えて西海岸のグレイマウスまで行くんです。
c0212604_21524458.jpg

いよいよ入線!!なんかゴッツイ感じの顔の車両が来ましたよ。
c0212604_2201321.jpg

最初の数両は、貨物です。
c0212604_221239.jpg

これは展望車両。窓もない、ふきっさらしの車両です。
c0212604_224244.jpg

そして客車です。
c0212604_5294259.jpg

中から中年女性の車掌さんが出てきて、ワタシをみて「オバチャンさんですか?」と言って、席の券を渡され、荷物は荷物専用車両に預かってもらいました。スプリングフィールドから乗る人がたくさんいるんだろうと思ったのですが、数人でした。


いよいよ南半球での乗り鉄(飲み鉄)です!
ワクワクしておりました。(笑)

  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-08-12 06:00 | クライストチャーチ2018 | Trackback | Comments(0)

冬のニュージーランド旅(16) Kowhai Residential School of Riding

今回お世話になった、Kowhai Residential School of Ridingをもうちょっと詳しく。(FACEBOOKはコチラ⇒☆
c0212604_19583482.jpg

20年前に来た時は、こんなに欠けてなかった母屋への入り口にある石。(Kowhai Residential School of Ridingって書いてある)
c0212604_19484297.jpg

学校があるときは、子どもたちが、週末金曜の夜から日曜の夜まで馬合宿に来ます。この時は冬休みだったので、1週間とかの単位で来ている子たちが多数。男子より、女子の方が馬を習う子が多いです。男子はラグビーを習う子が多いらしい。自分の馬を持ってきたり(自宅に馬運車がある!)、ここに馬を預けていたり、贅沢な話だ…。(決して超お金持ちではない。環境が日本とは違いすぎる)

今回は3泊の宿泊(1人部屋で、トイレ、シャワーは共同)と滞在中のごはん(大雑把なNZメシです)、毎日のレッスンと外乗、それにクライストチャーチからとスプリングフィールドへの送迎つきで、750NZドルくらいでした。(シンガポールドルとほぼ同じくらいのレートです)
c0212604_20574877.jpg

とにかく広いんです。周りに何もないので、夜は満天の星を眺められます。
c0212604_20104840.jpg

いたるところにある、大きな松ぼっくり。
c0212604_20113517.jpg

犬や猫もいて、この子は、木の枝を持ってきては足元に置いて、投げろ投げろ!と要求するんです。何度枝を投げさせられたか…。(笑)
c0212604_20125267.jpg

馬は75頭くらい、牛がたぶん100頭くらいいて、牧草地もたくさんあるので、こんなのも敷地内に転がってます。馬の装蹄も調教も、すべて自前でやります。
c0212604_213589.jpg

馬場馬術だけでなく、ジャンプも練習できます。(ワタシは希望しなかった。笑)クロスカントリーのコースもあって、競技会も開催されます。(20年前クロスカントリーの競技を見学して、ドキドキした記憶が。結構ワイルドで怖いノダ)
c0212604_2015249.jpg

行きたい場合は、行きたい日を、info@kowhai.co.nz にメールして問い合わせたら、Chrisさんが返事をくれます。支払いはPayPalで、行く一週間前くらいに決済しました。
c0212604_202339.jpg

初心者から上級者まで、どんなレベルでも対応してくれて、馬も合う子を選んでくれます。
c0212604_203983.jpg

みんなよく訓練された優しい馬たちです。広い放牧地でノンビリ暮らしているので、あまりストレスがないんだと思います。


こんなNZ体験も楽しいと思います。
馬好きの方にはお勧めです!!

  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-08-10 23:00 | クライストチャーチ2018 | Trackback | Comments(0)

冬のニュージーランド旅(15) 馬合宿 *3日目*外乗ラスト!

3日目の夜は、スプリングフィールドへ移動する予定だったので、外乗は3日の午後でラストです。Willowの背中から見た風景は、
これぞニュージーランド!って感じの、モコモコひつじさんたちです。その向こうには雪山。
c0212604_794112.jpg

ああ、こうして雪を冠した山を見ていると、寒いのが懐かしい…。(笑)

この日は小生意気な男子に加えて、仲良し小学生女子の2人組も一緒でした。小学生女子が乗る5歳の牝馬ポニーが、やんちゃで、飛び回ってました。ワタシだったら、即落馬ですが、さすがに身軽な小学生女子。動じず、付き合ってあげてました。
c0212604_7154086.jpg

このポニーです。小学生女子曰く「この子は若い馬なの。しょうがないわ」だと。
c0212604_7211828.jpg

川を遡って、歩きました。写真ブレブレです。(^^ゞ
c0212604_7235561.jpg

こっちの方がマシですね。
c0212604_7245720.jpg

この日も「走れ」と。最年長としては、恰好悪いので、ちょっとだけ走りました。(笑)
c0212604_7261339.jpg

安心して乗れる優しいWillowと、いい時間を過ごせました。
c0212604_7334229.jpg

Willow、サンキューね♪
c0212604_7372834.jpg

やっぱ、I love horsesです。(≧▽≦)


今日はやっと金曜ですね。
今週も、酷暑や台風に負けてしまったアラ還だった…、
もう一息だ。明日は部活だ。ガンバロウ。


皆さま良い一日になりますように!!
カラゲンキな一日を!(笑)

  ↓   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-08-10 07:45 | クライストチャーチ2018 | Trackback | Comments(4)

冬のニュージーランド旅(14) 馬合宿 *3日目の朝*馬を迎えに放牧地へ

馬合宿最終日です。
この日の朝は、頭絡を持って車に乗せられて、放牧地へ向かいました。「Willowを連れておいで」(前日まで誰かが連れてきてくれた)と言われて。
c0212604_2212179.jpg

だだっ広い放牧地に、コーチと一緒に、柵を乗り越えて(ワイルド!)入りました。馬たちがこっちを見ます。
c0212604_2217948.jpg

おはよう!Willow!!
c0212604_22184129.jpg

頭絡をつけて、大きな石の上からWillowに飛び乗りました。(またまたワイルド!!笑)

↓は、ちょうど乗ったところ。他の馬があいさつしあってますが。こっちはただまたがっているので、落ちたらどうしようと、ドキドキです。
c0212604_22244387.jpg

ラグの上から、鞍はなしです。裸馬に乗ることは普段はほぼないですが、馬の背中を直接「座骨」で感じます。馬がおなかを膨らましたり、後ろ脚を動かす高さなども感じることができます。
c0212604_22263167.jpg

車で来た距離なので、結構あります。前のコーチは他の馬も引いてます。
c0212604_22275220.jpg

大人しい、馬たちです。今日もよろしく!!Willow。
c0212604_22301415.jpg

これからレッスンというときに、はんぶん、寝てます。ZZZZZ
c0212604_22305851.jpg

( ´艸`)


やっぱ、馬はカワイイな ♪
今日も応援よろしくお願いいたします~!

 ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-08-08 22:34 | クライストチャーチ2018 | Trackback | Comments(0)

冬のニュージーランド旅(13) 馬合宿 *2日目*いいお天気!!

眠り続いていました。回復した感じ。駄目ヤロウの寝たきりは終わった!!明日(今日)は会社へ行くぞ。

Kowhai Farmでの2日目です。なんとこの日はステキなお天気でした。朝のレッスンのあと、放牧地にいる親子を見に行きました。
c0212604_137083.jpg

また小生意気な男子と一緒です。イイ子なんだけどね。(笑)
c0212604_1383324.jpg

白いのがお母さん、茶色い馬は子供で一歳は過ぎてます。
c0212604_1391950.jpg

馬をブラッシングしたあと、またワタシたちは戻りました。(ここまで車でこないといけない距離)晴れていて、山がキレイです。
c0212604_1395033.jpg

そして午後の外乗。放牧地にいたWillowを迎えにいきます。おいで~。
c0212604_1432767.jpg

この日はこういうところを走らされ。(笑)スピードがコワイので、ドキドキでした。
c0212604_1445694.jpg

そしてこの日はちょっとした事件がありました。小生意気な男子は何故かへそを曲げて、馬を降りて逃げちゃったんです。外乗の間に。はははは。馬放置状態。でもしばらくして戻ってきました。↓は先生に説教されながら、トボトボ歩いている様子です。でも、この子とは最終日にインスタでお友だちになりました。
c0212604_146452.jpg

水位が下がったので、川も渡れました。
c0212604_14852.jpg

c0212604_149782.jpg

川沿いに歩きます。
c0212604_1501249.jpg

そして2時間くらいで戻ってきました。
c0212604_1503325.jpg

お疲れさまです!!
c0212604_151287.jpg

手入れが終わったら放牧地へ戻します。
c0212604_1512952.jpg

入り口をあけると、みんなで帰っていきます。「今日も疲れたよな~」って。
c0212604_1515198.jpg

お疲れさまでした~♪

そして夜はwifiもない離れの部屋で、お星さまを見た後はぐっすり眠るのでした。
NZでは、健康的ですね。(;・∀・)

週半ばですね。台風が気になります。
今日もガンバリマショウ~!(オマエがな…)

  ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-08-08 01:56 | クライストチャーチ2018 | Trackback | Comments(2)

冬のニュージーランド旅(12) 馬合宿 *1日目*

これから3日間、Kowhai Farmで、馬生活です。興味のない方、すみません。午前はレッスンなので、カメラはなしです。そして一旦馬を近くのパドックに放して、また午後連れてきて、馬装をして午後は外乗へ行きます。昨夜はすごい風と雨でしたが、朝は雨が止んで風だけは強い…という感じでした。

ワタシが3日間お世話になったWillowです。優しいオジサン馬です。
c0212604_2201934.jpg

馬の手入れも自分でやります。まずは馬が着ていたラグをなるべく日のあたるところに持って行って干しますが、これが重たい。たぶん10㎏以上ある。それをあたまと肩で抱えて、日の当たる場所まで。坂をあがって、干しにいきます。ま、ラグがないと夜は氷点下ですからね。で爪の裏の土を落として、全体にブラシをかけて、鞍をのせて行て、頭絡をつけて、乗ります。
c0212604_2222168.jpg

Willowの鬣を見たら、風が強かったんだな、とういことが分かりますよね。前にいるのが中学生か小学校高学年くらいの小生意気な男子。その前に先生がいます。
c0212604_2225310.jpg

小高いところから見渡すと、広いな~と思う。
c0212604_226551.jpg

こういうだだっ広いところでは、速足や駆け足。気持ちイイです。でもこの日は風が台風みたいだったので、少しだけでした。
c0212604_2233258.jpg

ふと見たら、雲の下には、雪をかぶった山が見えました。すごい。
c0212604_227331.jpg

Willowは道草も食わずに、イイ子です。合図をするとすんなり走ってくれます。馬って風が吹くと、ちょっと不安になるのか、すっ飛ぶ子もいるのですが、オジサンだけあって落ち着いたものです。(笑)
c0212604_2242862.jpg

戻ってきました。戻ったら、馬装を外して、馬を手入れします。そして干しておいたラグを着せてあげます。夜の間も、馬たちは放牧地で過ごします。昼夜放牧というヤツですね。
c0212604_22429.jpg

冬休みで学生さんが多く、みんなで終わった後の手入れタイム。
c0212604_238859.jpg

放牧地はここから遠いのですが、放してやると、みんな「あー今日も仕事おわったなー」と言いながら帰っていきます。本当に馬同士でしゃべっているみたいなんですよ。^^
c0212604_2272082.jpg

この日は、天気はアレでしたが(放牧地も泥がすごくて、小川も増水して渡れなかった)それでも乗れてよかったです。

天気だけは、なかなか予想できないですね。
でも次の日からどんどん良くなったのでワタシはついてました!!


さっきまで外は雷が凄かった。@神奈川県北部
今日も応援、よろしくお願いいたします~♪

  ↓    ↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-08-06 22:35 | クライストチャーチ2018 | Trackback | Comments(0)

冬のニュージーランド旅(11) Kowhai Farm へ向かう。

クライストチャーチに到着して、まだ24時間もたってないけど、いよいよ今回のメイン企画 Kowhai Farmへ行きます。

Kowhai Farm の クリスさんとの待ち合わせ場所は、クライストチャーチの中心から3kmくらいのところの Straven Rdです。公園を突っ切って、ガラガラ小さなキャリーをひいて歩いていきました。歩きたかったんです。そのために今回はリュックをやめて、小さな、機内持ち込みOKサイズのやっすいキャリーを買いました。^^

荷物は、飛行機乗る前に測ったらちょうど7㎏でした。NZは海外で使用した馬具などを持って入ると、検査と消毒のために没収されることもあるので(で、何日も戻ってこない)、今回は新品の合皮のショートブーツとチャップスを買って持っていきました。新品の証拠に、タグも切らないままで。
c0212604_224189.jpg

20年くらい前に、その Kowhai Farmには3回くらい行ったことがあり、そのころはクリスさんのお父さんが空港までお迎えに来てくれたりしました。もうそのお父さんも亡くなってしまったんです。優しい方でした。クリスさんのお母さんのリズ(エリザベスさん)は乗馬の上級コーチで、厳しかったけど、馬への愛は人一倍で、ものすごく教えるのが上手でした。リズは、ワタシより15歳くらい年上なので、今はもう70代になっているはず。クリスさんによると、もちろんお元気で、この数週間はアイスランドへ旅行に行っているとのこと。会えなくてザンネンだけど、お元気で何より!!と思いました。今はクリスさんの奥さんのベッキー(レベッカさん)が、コーチとして、75頭の馬を管理し、乗馬教室を仕切っています。

その夜は到着して寝るだけでした。なので、当日レポしたとおり、コチラで夕方ランチと夜ごはん兼用のごはんとワインを食べて、待ち合わせ場所近くではビールを飲みました。(Kowhaiでは飲まないつもりだったので、駆け込みアルコールということで…)
c0212604_22475747.jpg

c0212604_22482526.jpg

いっぺんに2食分食べた…ってことです。(笑)
c0212604_22485697.jpg

c0212604_22492125.jpg

ハグレー公園を突っ切って。
c0212604_22502531.jpg

線路も渡りました。この線路は後日トランツアルペインで通った線路です。
c0212604_2251649.jpg

c0212604_22513077.jpg

待ち合わせ場所には、親が送ってきた子どもたちも数人来ていました。冬休みに何泊かKowhaiへ行って、乗馬合宿に参加する子たちです。

クリスさんの運転するワゴンで40分ほど。カンタベリーにある、Kowhai Farmに到着しました。周りのは何もなく、真っ暗です。そして、その夜は、すごい強風が吹いていて、雨も降ってきて「明日から乗れるのか?」と不安でした。


でも馬たちに会えるのが楽しみでした。
明日天気になーれ!!って気持ちでした。

  ↓   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-08-03 06:15 | クライストチャーチ2018 | Trackback | Comments(0)

冬のニュージーランド旅(10)Willowbank Wildlife Reserve (その2)

カワイイ動物さんが一杯の、Willowbank Wildlife Reserveの続きです。

何といっても一番カワイイのはブタさん。kunekune pigですよ。カワイイ。
c0212604_2025391.jpg

口あけて、エサくれ~って言ってます。
c0212604_2042793.jpg

エサのやり方の掲示がありました。上からポンって投げ入れるようにしてあげます。
c0212604_2062692.jpg

こんな感じでね。^^
c0212604_2071554.jpg

あ!!馬ちゃん?
c0212604_2085441.jpg

エサ食べるのに夢中で、来てくれなかった。(´・ω・`)
c0212604_20102048.jpg

カワイイ牛さんもいました。
c0212604_20143364.jpg

牛と来たら、ヤギですな。ハロー。
c0212604_20173152.jpg

立派な角の山羊さん。人気ものです。
c0212604_20175555.jpg

群れてます。
c0212604_2019855.jpg

こんな子もいました。
c0212604_20195527.jpg

なんともノンビリしております。
c0212604_20204787.jpg

きゃー!!豚さんの子どもがカワイイ。
c0212604_2022546.jpg

窓際族的なウサギ。
c0212604_20232727.jpg

家畜ってやっぱカワイイですね。

そして、NZの鳥たちです。
いたずら好きなKEA。棒をぶん投げて遊んでました。
c0212604_2025311.jpg

TAKAHE。飛べない鳥です。
c0212604_2028962.jpg

KIWIは、夜行性なので、暗い部屋の中でした。しばらく目が慣れると走り回るのが見えました。
c0212604_20292297.jpg

結構数時間ここで楽しめました。野外は寒かったけど、あまり辛くなかったです。

あー楽しかった!!
クライストチャーチで時間があったら、コチラへ寄ってみてくださいね。
家族でも、オバチャン1人でも楽しめます!!


真冬のNZってどうなんだろ?と思ったけど、
耐えられないほど寒くはなかったです!!

  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-08-01 22:57 | クライストチャーチ2018 | Trackback | Comments(6)