カテゴリ:ポルト2018( 62 )

ポルト散歩(31)ポルト生活に甘いものは必須アイテム ♪

帰る日の前日。
これでポルトレポは最後です!!
この日のオヤツと晩ごはんはコチラ!
ここで軽食食べてこちらで晩ごはん食べた。

甘いものはポルト…いや、ポルトガルには必須アイテムです。
c0212604_2056255.jpg

Geresツアーに連れて行ってくれた、リタが言ってました。
「ポルトガル人は、痩せる暇がない。朝に職場に行くと。取り急ぎカフェで甘いもの食いながらコーヒーのむじゃん?で、その後午前のオヤツにまた甘いもの食べてさー。ランチ後にはまた甘いもの食べたいわけよ~」って。どおりで、ポルトの町にも甘いパンやお菓子を売るお店が多いわけや。

そりゃアカンわ。
ワインも飲むのに。

この日は、ポルトに戻って、オヤツ晩ごはんを食べて、街をウロウロしてましたが、ワタシも超甘いものを買いました。
c0212604_215515.jpg

このお店で買いました。
c0212604_2513961.jpg

どんなお店か入ってみましょう。
c0212604_2171981.jpg

甘そうなパンや、お菓子が目白押しです。
c0212604_2174336.jpg

夕方なのでかなり売り切れていますが、ほんと美味しそう。
c0212604_218253.jpg

スイーツ大好きな女子は、興味あるでしょ?
c0212604_2184660.jpg

結局フルーツのタルトを選んだら、こんな箱に入れてくれました。
c0212604_2503999.jpg

部屋に戻ってから、ワインと一緒に、この甘いタルトを頂きました。
c0212604_2191794.jpg

ワタシは、あまりお菓子は食べませんが、このタルトはメッチャ旨かった!!
後悔はありません。

これで、ポルトレポはオワリです!!
ポルトやポルトガルへ行く方の参考になったらうれしいです!!

長々と、ありがとうございました!!



クリスマスからお正月があって、1年中痩せる暇って、ないよね!
リタとワタシは同じ意見でした…。(笑)

  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
※次の朝、事件があって大変だったんですけどね。
by lovehorse | 2018-07-22 23:59 | ポルト2018 | Trackback | Comments(6)

ポルト散歩(30)Guimaraesから 電車でポルトへ

時間配分も考えずに、気ままに観光していたので、そろそろ帰りの電車の時間です。電車は1時間に一本なので、あまりウカウカしていられない感じなのです。

何の看板かわからないけど、カワイイから撮った。
c0212604_21244737.jpg

その他もいろいろ見ました。
c0212604_21184154.jpg

お城?砦?ああ、ドラクエのイメージや。(←アホ)
c0212604_2122117.jpg

戦いの場にもなったであろう、城壁。
c0212604_21222921.jpg

ランチをここで食べて、電車でまた帰りました。時間が…と言いつつ、ビールやワインまで飲んで、ゆっくりしました。(笑)

電車の中から見た風景。
c0212604_21255315.jpg

ポルトに戻ってきました。橋が見えました。
c0212604_21263088.jpg

サンベント駅に戻りました。人が多いね。
c0212604_21265632.jpg

もう、最後で見納めだけど、やはりキレイな駅ですね。
c0212604_21271761.jpg

駅から出ると、眩しい日差し。駅前の少し坂になっている道路です。
c0212604_2128463.jpg

広場、
c0212604_21283680.jpg

広場にある偉い人像。
c0212604_743715.jpg

繁華街を最後に歩いてみます。次の日はもう帰るので、ウロウロ。
c0212604_2129294.jpg

ウロウロしていると腹が減る。

この後は食欲にまかせて、オヤツやワイン。
ポルト最後の夜となります。


長々お付き合いありがとうございます!!
もうポルトも次でオワリです。

   ↓   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-07-21 08:30 | ポルト2018 | Trackback | Comments(2)

ポルト散歩(29)Guimaraes 15世紀 ブラガンサ公爵館

ロープウェイでまた町に降りて、観光スポットらしき方へ歩いていきました。途中で出会ったニャンコちゃん。見返り美人だね ♪(男のコかも知れんが…)
c0212604_21375049.jpg

行ってみたのは、初代ブラガンサ公爵となったドン・アフォンソによって15世紀に建てられた館。Paco dos Duques de Bragancaです。

JTBのページからの引用
1401年にポルトガル王ジョアン1世の息子で、初代ブラガンサの侯爵ドン アフォンソ1世によって建てられた宮殿。16世紀にブラガンサ侯爵家がヴィラ ヴィソーザに移ってからは廃墟となっていたが、現在は政府の公館として、国賓の接待の場などに使われている。
c0212604_21474387.jpg

入場料がいくらか必要でした。地元の小学生も見学に来てました。
c0212604_21555461.jpg

部屋ごとにいろんな展示がありました。結構見応えがあります。
c0212604_21572332.jpg

武器の部屋でしょうか?ドラクエを思い出してしまった。トルネコの章が好きだったっけ。(笑)
c0212604_2159469.jpg

でも、これ見て「三銃士?」と連想したワタシは、やっぱアホやな…。
c0212604_21594496.jpg

ベッドルームですかね。
c0212604_2202457.jpg

重厚な棚ですね。
c0212604_2213523.jpg

きっとどこかの国から来たものですね。(←無知)
c0212604_222478.jpg

ステキなステンドグラスのある礼拝堂もありました。
c0212604_225593.jpg

建物は回廊になっています。煙突みたいなのがたくさん見えます。
c0212604_2232533.jpg

上の階の廊下です。イイ感じ。
c0212604_2235259.jpg

建物の中心です。ここでさっきまで地元小学生が鬼ごっこして、走り回っていました。どこも子どもは一緒だな~って思いました。^^
c0212604_225740.jpg

建物の外観です。大きいので全体を写すのが難しい感じ。
c0212604_2272792.jpg

さらに散歩は続きます。
c0212604_2292464.jpg

館の前の並木道、スーッとしていて、キレイです。

まだもうちょっと続きます。
長くてすみません!


ポルトガルは、ほんと魅力的ですね。
振り返ってみると、また行きたくなりました。

  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-07-19 23:59 | ポルト2018 | Trackback | Comments(2)

ポルト散歩(28)Teleférico de Guimarães ロープウェイでちょっと より道 ♪

ポルトから日帰りで行った、ポルトガル発祥の地、Guimarãesさんぽの続きです。

Teleférico de Guimarães というロープウェイでちょっとした山の上に上ってみました。可愛いロープウェイで、ワタシが行ったら誰もいませんでした。(;'∀')あまり人気ないのかな?
c0212604_5353681.jpg

往復切符でも6ユーロくらいだったと思います。するする~っと、街を見下ろしながらあがっていきます。
c0212604_536465.jpg

上がったところは、ブラガのボンジーザスみたいなところなのか?と思ったのですが、そういうわけではなかったです。どちらかというと「公園」な感じです。
c0212604_5371398.jpg

でも教会がありました。新しい感じの建物でした。やはり山頂には教会だよね。
(≧▽≦)
c0212604_6014.jpg

教会の中です。
c0212604_631789.jpg

c0212604_625044.jpg

街が一望できます。競技場が見えますね。サッカーかな。さすがポルトガルだ。
c0212604_614964.jpg

前の日に行った、山々も見渡せました。たぶん、こっちの方向のはず。
c0212604_651421.jpg

この公園の特徴は、前の日にも山で目にした大きな岩です。苔が生えていて、昔からここにあった岩って感じです。
c0212604_662953.jpg

公園を一周して、降りることにしました。車でも上がって来られるみたいでした。
c0212604_673873.jpg

ロープウェイは、こっちだ!
c0212604_684577.jpg

お天気が良かったので、気持ちの良い散歩になりました。

Guimarães、もうちょっとつづきます。
(^^ゞ

暑い外に出るのが嫌だなぁ…。
今日も一日、なんとかガンバリマショウぞ!!

  ↓   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-07-19 06:13 | ポルト2018 | Trackback | Comments(0)

ポルト散歩(27)Guimaraes ポルトガル発祥の地へ

まだ丸一日分、ポルトガルが残っているので、そちらを先にレポします!

Guimaraes、ギマランイスは、ポルトガル北西部の都市です。ポルトから電車で一本で行けます。地方都市ながら「ポルトガル発祥の地」と呼ばれています。それは初代国王アフォンソ・エンリケスが、この地で生まれたことに由来するとのこと。ブラガ同様、とてもステキな街です。
c0212604_22543780.jpg

こういう旧市街の街並みを歩くだけで、ワクワクします。
c0212604_22555419.jpg

ノッサ・セニョーラ・ダ・オリベイラ教会(Igreja de Nossa Senhora da Oliveira)
c0212604_22592458.jpg

c0212604_234764.jpg

その教会の前の広場は街の中心的な場所のようです。カフェやお土産屋さんもありました。この建物の屋根はすごく特徴的ですね。
c0212604_2352091.jpg

もうちょっと街を奥まで進みます。ここでも観光案内所は見つけられず、なんとなく歩き回った感じです。
c0212604_2375186.jpg

あら!!また立派な教会が出てきました。サントス・パスス - サン・ガルター教会という教会だそうです。(後で調べたんですが)教会に続く庭園っていうか、この前の植え込みがすごくキレイでした。
c0212604_2310506.jpg

下から見たところです。高い塔が美しい。
c0212604_23202868.jpg

教会の中です。
c0212604_23215614.jpg

教会を出て、反対方向を見たところです。
c0212604_23233619.jpg

緑色が眩しい。
c0212604_2324280.jpg

ふと、この教会から左の方向を見たら、なにやらロープウェイのようなものが見えるじゃないですか?!もちろん行ってみます。
c0212604_23272781.jpg

もうちょっと下調べしていくべきだったと反省しています。(ポルトに行くまでこの町の名前も知らなかったんですよね…)

Guimaraes、まだ続きます。

今日も、お付き合いありがとうございます!!
やっぱりポルトガルっていいな~と思います。

  ↓   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-07-17 23:59 | ポルト2018 | Trackback | Comments(2)

ポルト散歩(26)Peneda-Gerês 国立公園 ハイキング そしてスペイン国境越え

この後に「温泉」も控えているのですが、とりあえず川沿いにハイキングです。(ツアーの中に入っています)リタとワタシで行きました。ペドロは車をハイキングコースの出口へ移動させ、そこで待っているという設定です。

午後になると山は日陰になってきます。そしていたるところに川が流れています。その川沿いに歩いて行きました。
c0212604_628686.jpg

こんな木製の橋を渡って。
c0212604_6333178.jpg

この辺で道がわからなくなってしまって、リタが「大丈夫!」とペドロに携帯で電話したが「圏外だわ!」と、ちょっと焦った顔。ワタシも焦った!!でも、コッチかな…?と行ったら合っていたので、結果はオーライでした。(;'∀')
c0212604_6365978.jpg

風景にはいろいろドラマがあったのですが、写真で振り返ると、同じような写真ばっかりでした。
c0212604_6385829.jpg

木漏れ日を見ていると、ウットリします。緑が目に染みます。
c0212604_6403479.jpg

途中、沢登りか!?と思うようなところもあり、ビビりましたが。最後はこういうところに出てきました。「さっきまで野生の馬のファミリーがいたんだよ」とペドロが教えてくれました。会いたかったなぁ!!
c0212604_74372.jpg

で、無事にたどり着きました。公園の駐車場。
c0212604_6434425.jpg

もうここはスペインとの国境なんです。
c0212604_6451020.jpg

公園内の小鳥さんを紹介していました。こういう胸の赤い鳥を、途中で見ましたが、写真には撮れなかった。
c0212604_6452872.jpg

クワガタとかもいるんですね。
c0212604_6462454.jpg

今はEUになったので、もう使われてない、国境の出入国審査場。
c0212604_6493339.jpg

ちょっとだけスペイン側に入りました。(わざと)
c0212604_6501519.jpg

この後は温泉だったのですが、もう疲れちゃって今から水着で温泉に入るのはしんどいので、やめて帰りたいと言い(時間もかなり遅くなっていた)湖を見ながら帰りました。(で、最後に高速で車が故障した…)
c0212604_6525629.jpg

充実した、楽しい一日でした。
c0212604_6535534.jpg

この2人はブラガに住んでいるので、ブラガ周辺のツアーはいろいろカスタマイズしてくれます。事前に Keen Tours にメールしてみてください!!(サイトはコチラ⇒☆
c0212604_6572052.jpg

リタもペドロもとっても暖かい人柄で、Geresの自然を愛しています。ハイキング中もゴミを見つけたら、袋を出して拾ってました。


もうこの先行けないと思うけど、また行きたい!
ポルトガルのいろいろな表情が楽しめました。

  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-07-06 00:24 | ポルト2018 | Trackback | Comments(0)

ポルト散歩(25)Peneda-Gerês 国立公園 ローマ時代のマイルストーン

ハイキングへ行くとき、The Geira Roman Roadと呼ばれる道を通りました。
c0212604_221016.jpg

こんな石柱が道に立っていました。ポルトガルからスペインへ行く道のマイルストーンです。
c0212604_22205168.jpg

Geira Roman Roadです。
c0212604_22254960.jpg

これがあるから、あと距離がどんだけあるかわかるんですね。ローマ時代か…。石も立てば、2000年!?
c0212604_22282622.jpg

道をいくと、ちゃんとマイルごとに石が立っているんですよね~(アタリマエやろ!?)
c0212604_22305132.jpg

すごいですよね。2000年をじっと見ている石柱。なんだかすごいですよね。
c0212604_22313621.jpg

じーっ。
c0212604_22343195.jpg

最後はなんだかマイルストーンの「視線」を感じてしまいました。(笑)このあたりの山は岩だらけなので、そこから切り出したのでしょうね。
c0212604_22485770.jpg

ローマ時代の道は、ヨーロッパあちこちにありますね。スケールの違いを感じます。

近くのダム湖です。
c0212604_22405987.jpg

ローマ時代の人はここを歩いて、スペインへ行ったのでしょうか。その時はどんな風景だったのでしょうね。どんな思いでここを歩いたのかな。

今は旅行もラクラク便利ですよね。
ラクすぎて、ゆっくり味わっているヒマがないですな。

  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-07-05 00:16 | ポルト2018 | Trackback | Comments(2)

ポルト散歩(24)Peneda-Gerês 国立公園 乗馬でGO♪

いよいよ、このツアーでワタシが最高に楽しみにしていた、外乗です。約1時間、山を登って、下りてくるコースです。

しかし、ワインをボトル半分程度、飲んでしまっており、飲酒運転です。日本では捕まります!(日本では馬は軽車両…)乗馬施設に行ったら、すでに馬が待機。
c0212604_22303643.jpg

ワタシが乗るのは、Vickyちゃんです。コンニチハ♪ よろしくね!!(Vickyの方は「だれ?このオバサン…」って表情ですが )
c0212604_2232257.jpg

すぐに乗って出発。(ワタシは写ってません!笑)
c0212604_2250835.jpg

ワタシは馬のガイドの人のすぐ後ろをついて行きました。
c0212604_22363818.jpg

だんだん岩だらけの山の上の方へ行きます。
c0212604_22372923.jpg

これはリタが撮った写真です。荒野の4人組です。(笑)
西部劇ならここで、アパッチに襲われます!!
(≧▽≦)
c0212604_22353818.jpg

山羊道みたいに、崖っぷちな道もありましたが、そこでは写真は撮れなかったので、平和な風景のみです。山を下りているところです。
c0212604_22385646.jpg

忘れないように、載せておきますが、ここが乗馬施設です。車があれば直接行けます。
c0212604_2240195.jpg

出発地点に戻ってきました。ああ!!楽しかった~。
c0212604_2242489.jpg

これはリタがワタシが馬に乗っている間に撮った写真です。山羊?の子どもでしょうか?
c0212604_2243039.jpg

いやーー、面白かった♪ こういう地形のところを馬で行くってなかなかないもんね。

この後は、ハイキングです。(バイキングではありません!)
c0212604_23243283.jpg

Vicky、元気でね〜♪

つづく。

時々馬が岩の上で滑るので、ちょっとドキドキした。
酔いもイッキに冷めましたわよ~♪

  ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-07-04 00:18 | ポルト2018 | Trackback | Comments(2)

ポルト散歩(23)Peneda-Gerês 国立公園 ガラーノ・ポニー

Peneda-Gerês 国立公園は山岳地帯ですが、野生のポニーがいるそうです。ガラーノポニーっていうんだって。もともとはモンゴルのポニーと同じ種類だとペドロさんは言っていたけど、そんなに遠くから来たのかな?写真はガイドのペドロさんです。^^
c0212604_21361381.jpg

この馬は、持ち主がいるみたいです。タグがついてました。人にも慣れています。
c0212604_2127480.jpg

こんな岩々な山を走り回るんだから、硬い蹄なんでしょうね。
c0212604_21395174.jpg

こんな岩の多い山ですが、植物がキレイです。
c0212604_21423057.jpg

c0212604_2143359.jpg

c0212604_21435421.jpg

山肌が花で覆われています。
c0212604_21445827.jpg

あれ?あれはなんだ??
c0212604_21464588.jpg

よく見ると、山に石で作られた塀のようなものがあります。三角形になっていますよね。見えますか?あれは、オオカミをそこに山の上から徐々に追い込んで、最後に三角形の先端の、逃げられない丸いスペースに追い込み、そこでオオカミを殺したという場所だそうです。オオカミは家畜を襲うし、悪魔の化身だと思われていた。そんな時代に使われていた塀だとか。
c0212604_21482320.jpg

今でもイベリア半島にはオオカミが生息しているらしいです。
c0212604_2224032.jpg

朽ちてしまった、穀物蔵。ものすごく、古そうですね。
c0212604_227561.jpg

さて、当日もレポしましたが、さらにドライブして、小さな村のレストランでランチしました。
c0212604_2134576.jpg

この方が女子の働き場所としてのレストランを作った、創設者ですね。
c0212604_2242446.jpg

ステキなレストランでした。二度とここに来ることはないんだろうな…。ワインもニクもデザートもオイシカッタ!!
c0212604_2251445.jpg

さて、この後は、いよいよこのツアーのクライマックス!(←一人で盛り上がってる。笑)
お馬でGO!!です。

まだまだ続きます!
ながいな~。(;'∀')


一日かけて、こういう所に来るのも良いですね。
別世界ですが、これも世界のどこかのリアルな風景。

  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-07-03 00:16 | ポルト2018 | Trackback | Comments(0)

ポルト散歩(22)Peneda-Gerês 国立公園へ!山あいの村の暮らし。

5月3日(木)のポルトに戻ります。
今回のポルト旅行最大のヤマバ!!Peneda-Gerês 国立公園ツアーです。(当日のレポはコチラ☆
事前に調べてコンタクトをとっていたKeen Toursで、こちらのツアーをアレンジしてもらいました。天気を見て3日に決定。朝、リタとペドロの2人が宿に迎えにきてくれて、出発!お客1人にガイド2人という、プライベートツアーです。^^
c0212604_21212260.jpg

左下のポルトからブラガあたりを通って上のマルの国立公園を目指します。スペインとの国境近くです。
c0212604_2173058.png

途中すぐにカフェに入って、コーヒーブレイク。
c0212604_21392891.jpg

ポルトガル人はコーヒーがないと始まらないそうです。
c0212604_21404962.jpg

そして車はどんどん山の中へ。かなり岩っぽいところへ来ましたよ。
c0212604_21263775.jpg

通りかかった村の近くにあったサッカー場。村の子供たちが練習したりするそうですが、向う側はすぐに断崖絶壁なので、ボールが落ちちゃったら二度と戻らないそうです。(゚∀゚)
c0212604_2127264.jpg

村の中を通ります。すでに、国立公園内ですが、ポツポツと村があります。自然と調和しながら、大昔(ローマ時代から)の、旅の通り道にある村です。お!すごいネズミ返しがある穀物倉庫。
c0212604_2142778.jpg

祠には十字架。
c0212604_21294278.jpg

聖人のお祭りっぽい飾りです。
c0212604_21304492.jpg

そしてちょっとした山の上に出ました。
c0212604_21331626.jpg

登山者は見ませんでしたが、ここは登山コースの一部なのね。
c0212604_21335970.jpg

山の上にあったのは、季節によって家畜を移動させて暮らしていた人たちの夏の家です。石造りでかなりスース―するスキマがありました。
c0212604_21352920.jpg

ドアの閂がすごい大きい。円形に石の小屋が並んでいて、その中心部に家畜を集めて、オオカミに襲われないようにしたとか。
c0212604_21362840.jpg

そしてまた次の村へ。
c0212604_2144482.jpg

マリア様が眺めの良いところに。少し遠くに見える村を見守っているような。
c0212604_21443458.jpg

Ermidaという村みたいです。
c0212604_2145674.jpg

キレイな村でした。ここも国立公園内です。段々畑が素晴らしくキレイです。
c0212604_2146274.jpg

このあたりは水も豊富なようでした。昔ながらの静かな暮らしが、ここにはあるみたいです。
c0212604_21454284.jpg

長い歴史ある村を眺めていると、毎日の自分の暮らしが薄っぺらなものに感じました。

ポルトガルとスペインの国境付近の国立公園。
見所がイッパイです!!

つづく

まだまだ続くポルトガルです!スミマセン。
あ。サッカーは残念でしたね~。( ノД`)

  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-07-02 00:15 | ポルト2018 | Trackback | Comments(2)