2018年 08月 07日 ( 2 )

病人食 つまりお粥。

ランチでもなく、晩ごはんでもなく。
夕方16時半に食べたのは、お粥。お米0.5合と冷蔵庫にあったおかず。
c0212604_1629810.jpg

久々に食べたらお粥は美味しかった。
ヤワヤワで癒されました。

この後は寝ちゃいます。
で。オットが買って来た美味しいお酒、飲んじゃった(笑)
オットよ、ゴメン。
オレはナゼかやさぐれている。


病気でも怪我でも、酒が飲めるのは問題だ。
今日も応援、よろしくお願いいたします〜♪

↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-08-07 16:36 | 夜ごはん | Trackback | Comments(4)

終戦記念日がもうすぐです。

昨日午後具合が悪くなり、早退したのですが、今日はいよいよ悪くなり、熱まで出てしまって、会社を休みました。明日は、ワタシが楽しみにしているイベントがあるので、這ってでも行くつもりです。(笑)

今日は、天候もイマイチ。昨夜は雷が凄かった。


朝から、今まで録画していたのに、見ていなかったNHKスペシャルの「本土空襲 全記録」を見ています。「戦争は何も生み出さない。悲惨だ。罪のない人が大勢亡くなった」数え切れないほど、そんな言葉を、今まで、あちこちで、聞いたことか。しかし「戦争を知らない子どもたち」世代のワタシには、本当にリアリティを持って、戦争のことをとらえることはできない。

父が淀川の近くで敵機に狙われながら逃げ回った話や、軍事空港が近くにあった母がご飯のおひつを抱えて弟を背中に背負って何度も防空壕に逃げ込んだ話や…。親からもそんなことを何度も聴いていたけど、もうそれを語る両親もいない。(母は生きてるけど、そんな話はもうできない)

番組を見ていたら、アメリカ兵も、興奮剤を飲んで戦闘機に乗ったと。死を意識したら戦闘機に乗るのは怖くなるそうだ。もはや狂気が日常だ。

c0212604_09262607.jpeg

人は何かの真ん中にいるとき、そこしか見えなくなる。
もう殺すしかない。もう戦うしかない。もう死ぬしかない。
客観的にものごとを見ることができなくなるとき、最も危険だと思う。

現代社会だって同じだ。

会社の長時間労働やパワハラから逃げられない。もう死ぬしかない。
あるの人への憎しみが止まらない。あんなヤツ殺すしかない。
もう終わりだ。もうこうするしかない。


そう思うとき、もしかしたら自分は客観性を失って「何かの真ん中」にいるのかもしれない。
理性をうしなってしまって、自分や事態を、客観視なんかできなくなっているのかもしれない。

幸い今は、戦争中と違って、逃れることができる。逃げることが大事だ。
命より大事なものなんかない。


生きていれば、また良いことがある。
生きていることができなかった、多くの戦争犠牲者のためにも、シアワセな世の中に生きているワタシ達は、生きて、生きて、少しでも、たとえ微力でも、世の中を良くしようよ。


きっとこんな気持ちになって、打ちひしがれると思ったので、今日までこの録画を見られなかった。でも、もうすぐ終戦記念日だから、今日は意を決して見ました。涙が止まりません。

リアリティを持って感じ取ることはムリでも、何事も100m上から自分を見ているような視点を持つ訓練は、必要だと思いました。


今日、TVを見ながら臥せっていられる、平和な今に感謝。
ワタシは、逃げ惑う必要はない今日を送っている。
ワタシは今日も無事に生きている。

書きなぐりでごめんなさい。


どんな状況でも、改善できないことはない。
ここから何ができるか、100m上から自分を見て考えてみようぜ!!

  ↓   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
by lovehorse | 2018-08-07 11:08 | 食い物以外 | Trackback | Comments(8)