人気ブログランキング | 話題のタグを見る

関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について

「ぶどうの丘」のサイトはコチラです。⇒★

八王子から鈍行でも1時間半で着く「勝沼ぶどう郷」。駅自体はメッチャ地味ですが、季節になると採れたてのぶどうや桃を売っているお店もあり、温泉に浸かったあと、部屋でシャインマスカットをバリバリ食いながら、甲州の泡ワインを飲むというステキな旅もできます。^^

ぶどうの丘のホテルは季節によって部屋代(朝食付き)が、違うのですが、今回は一番安いシーズン料金で1人8500円ちょっとで、広めのツイン。料金内で、併設施設の「天空の湯」も使えます。甲府盆地の夜景がキレイです。

コチラが、天空の湯。宿泊棟とは別棟です。会社帰りの地元の方が、帰りに寄られるケースも多いみたい。
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18364929.jpeg
朝食はバイキング、豪華さはないけど、十分です。プレーンヨーグルトがウレシイ。
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18343075.jpeg
今回新しかったのは、メイン建物前の池?にニジマスがいて、餌をあげられたことです。
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18390832.jpeg
餌持って池に近づくと、サーッとニジマスが寄ってきて、モテモテになります。餌を投げ込むと、こんな感じの争奪戦となります。w
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18451251.jpeg
この池です。
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18483249.jpeg
入口にある、案内板。
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18405720.jpeg
売店の中にフロントがあります。売店の中はワインだらけ。地下のカーブでは試飲し放題の企画もありますが、それをやってしまうと、旅の目的が違ってしまうので、今回は止めました。(笑)
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18465641.jpeg
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18473391.jpeg
その代わり、美味しそうな泡を1本を買って、部屋の冷蔵庫に入れておきました。(その間に高温の温泉をバスタブにはっておく)シャンパンストッパーまで持って行きましたもん♪

売店には、アイスも売っていますが、土日はテラスのカウンターでスプーンですくってくれるジェラードや、ピザなんかも販売しているみたい。
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18401515.jpeg
これはオットが食べました。(夜中のアイスを禁じられているので、喜んで食べていた)もちろんワタシもひと口味見しましたよ!オイシカッタです。
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18395972.jpeg
テラスからは、新緑と甲府盆地の絶景が眺められます。
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18351315.jpeg
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18361765.jpeg
ワインサーバーが沢山あって、値段によっていろいろあるのですが、部屋からグラスを持って行くと、売店でコインを購入するだけで、テラスでちょとした試飲を楽しめます。
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18373729.jpeg
試飲しかできない(ボトル売りがない)ワインもあって、それは同じコインでも量が少ない。w
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18381049.jpeg
ワタシは主に「甲州」を飲みました。甲州という品種が好きなんです。
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18413830.jpeg
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18422293.jpeg

ワインとBBQと景色と温泉。閑散期だけあって、人も少なく、ゆったりと良いお天気のぶどうの丘を楽しめました。コンビニなどはないので、オヤツや夜食が必要な人は、持って行った方が良いです。
関東からの小さな旅「ぶどうの丘」について_c0212604_18475894.jpeg

サイトで部屋の空き情報も見られますので(予約は電話のみ)、あいていれば前日でも行けます。突然休みが取れて、お天気が良ければ、フラッと行くのもアリですよね。



いろんなワイナリーのワインが試飲できます。
お湯もいいし、ぜひ梅雨の合間の晴れた日などに!
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村

by lovehorse | 2024-05-15 20:02 | ワイン | Comments(0)

人生終盤、おしゃれも恋もなくなったが、食べたい!飲みたい!は、何故か衰えないっ。


by lovehorse