人気ブログランキング | 話題のタグを見る

今朝もオットがコーヒーを淹れてくれた!

今朝は「うう、起きねば」と布団の中で葛藤していたら、オットが先に起きてコーヒー淹れてくれました!やった!(もう2口くらい飲んだ後の写真ですがw)
今朝もオットがコーヒーを淹れてくれた!_c0212604_07111860.jpeg
4月も中旬。「新入社員がもう辞める」というニュースを昨夜見て、近頃は違うなーと(←他人事ですが)思って見てました。自分に合わないと思って、辞めてしまっても、今は第二新卒市場も広がっているので、次は見つけやすいのかもですね。

最初の会社は、お米をとぐときに、最初にいれる水のようなものだと感じていました。「社会で働くって、こういうことなのか」を学ぶ最初の場所だもんね。だから大事ですよね。自分の価値観にとって、どうしても受け入れられない場合は、すぐ転職するもアリなのかもね。(昭和なワタシには、その意思決定力はすごいと思うばかりです…)

ーーーーーー
下記はワタシの見方ですが。
(専門性の高すぎる仕事の人には当てはまらないので無視してね)
30歳までに、社会人としての基礎力をしっかり身につける。できれば2種類くらいの仕事は経験したい!
40歳までに「自分はこの分野(方向性)で勝負する」という、その後の仕事の方向性を決める。そのためには、自ら手をあげて、他の職種を経験したり、転職したり…と「良い経験」を積むことが大事だよね。
40歳台は基礎力も確立し、仕事の経験も積んでいる年代だから、すごく忙しくなると思うけど。その後のキャリアチェンジの可能性に備えて、忙しくても、他の分野の勉強に手をつけると更によきです。(まだアタマもまわるし)
50歳台になったら、仕事人生の終わりまでを見通して、自分の仕事に対する価値観、何が自分の仕事に対する満足度を満たすのか?よく見つめながら、キャリアを積んでいく。(きっと40歳や50歳に、そのきっかけとなるような研修をする会社も多いと思う)

年をとって、子どもも育って、ローンも終わったら、自分のスキなことをしたいよね!もちろん旅行しまくるのも良いんだけどさ。

あ。ワタシが言いたいのは、上記のように、入社した瞬間に「これ!」と完成形を目指すことはないってことです。仕事人生は長くて、キャリアは積み重ねられるものなので、常に時代を読みながら、自分の心と対話しながら、キャリアを考えて行ってほしいな!と思います。

ただ、自分を消耗するだけの会社は、避けたほうがいいと思います。そういうブラックな会社はたしかに存在すると思います。その場合は、全力で逃げましょう!
今朝もオットがコーヒーを淹れてくれた!_c0212604_07124775.jpeg
↑このうさちゃん、一番しんどい仕事をしていたときに、取引先の帰りにおもちゃの問屋街で1個100円で、段ボールに山になって、たたき売りされていた小さなぬいぐるみなんです。一番可愛い子を買って帰りました。あのとき会社を辞めようかと思うくらい、過重労働でパワハラチックな上司(もう今は会社にはいない)の下で働いていたのですが、倒れる寸前に異動できて、会社も休まずに済みました。
このうさちゃん、名前はないのですが、なんとなく机の上に置いておくと、落ち着きます。


今の方がキャリアを考えるのは大変だと思う。
あ。過剰適応はしないでね!疲れるからね。

Commented by かにたま at 2024-04-20 00:13 x
うさちゃんかわいい…そしてなんだか気持ちがギュッとしました( ̄▽ ̄;)
そういや初めて社会人になった会社の一年目
辞めたくて先輩や兄に相談したら、石の上にも三年って言われたなぁ~
なんて思い出しました。
あの頃の職種と比べると、今全然違う分野にいるのが不思議です(笑)
仕事人生の終わり…見当つかんなぁ(;・∀・)どうしよう!
Commented by lovehorse at 2024-04-20 09:37
> かにたまさん
ありがとうございます。うさちゃん、なんとなくいつも
見守ってもらっている気がしています。

昔と今は、もう「入社する」って違うんだな…と実感します。
会社員のときに、いろいろ学んでおけるし、いい会社なら石の
上にも3年は、今でもアリだなとワタシは思います。

ワタシも今は全く違う分野にいるのが不思議。
仕事人生ってわからないものですね。かにたまさんにはまだまだ
後がありますもんね。楽しみやね。
by lovehorse | 2024-04-19 07:52 | 食い物以外 | Comments(2)

人生終盤、おしゃれも恋もなくなったが、食べたい!飲みたい!は、何故か衰えないっ。


by lovehorse