人気ブログランキング |

中高年のモラトリアム*自分は何者なのか?

この花はワタシです。(もちろんウソです。笑)
中高年のモラトリアム*自分は何者なのか?_c0212604_1692569.jpg

2019年度、会社を卒業したあと、資格取得のために実習へ行ったり、受験勉強をしながら、いろいろ考えました。

そこで思ったのは、「自分で自分の存在の意味を規定するのは難しい」ということです。発達段階的に言えば「自我の確立」っていう、青年期に確立される…と想定されるヤツ。

今はアイデンティティの確立なんて、20歳くらいでできるもんじゃない。
世の中もクルクル変わっていくので、一旦確立したとしても、ガラガラ崩れる時代ですよね。中高年だって同じです。特に定年を迎えた人は、「じぶんは何者なのか?」を、もう一度考えなくちゃいけない。そんな時代ですよね。


長い会社生活を、今、振り返って感じることは。
会社という守られた環境で、仕事が何となく上手くいっている間は、自分は何者か?なんて、あまり考えなかったな…ってことです。会社が成長期で、自分の仕事も何となく上手くいっている時は、あまり悩まなかった。なんとなく、このまま人生がうまく行くと、無意識的に思っていたんだと思う。

ワタシの場合は、ある程度考えていると自分で思っていたけど、いざ定年になったら「おまえは何者なのだ?何をしたいのだ?」という問いを、改めて突き付けられて「うっ!」となった。


2019年度は、ワタシとって「中高年のモラトリアム」だったと思う。
モラトリアムとは「暫くの間やめること」。ご存知の通り、例えば災害があって、一時的に支払いを猶予することもモラトリアムだし、青年が自我を獲得するまで、社会的な役割を猶予されるのもモラトリアムだ。人生100年時代を前提にした場合、ワタシのように、会社や子育てからの卒業によって、いったん今までの役割から自由になる時期って「中高年のモラトリアム」って呼んで良いんじゃないかと思う。

モラトリアムのワタシは、改めて「自分は何者か」を考えた。

人生の締め切りが迫ってはいるけど、「この残された時間内で、やりたいことは何か?」と何度も考えた。時間も、能力も、健康も、限られている分、選択肢も限られているけど、その中で精一杯何かをしよう!という気持ちはすごく高まった気がする。

これは良いことではないのか?

いよいよ自分も、人生を完成する時期に突入したのではないか?…と思った。
若い時と違って、自分の積み上げて来たものもあるし、自分の得意不得意、好き嫌い、価値観についての自己理解もできている筈だし(できてるかな?)、若いときより考えやすくなったと思う。その上で、環境が許す範囲で、自分探しができて、改めて好きな事、やりたい事に挑戦できるんだから、中高年になるのも悪くないんじゃないか?と考えるようになった。


モラトリアムを十分楽しんだワタシ。
この後、2020年度からは、人生を完成させる時期だ。
どう完成させるかは、自分次第。

少なくとも、
定年後は 決して 人生の「消化試合」ではない!ノダ。
(つづく)



ちと自分を奮い立たせてみました。(^◇^;)
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
Commented at 2020-04-03 09:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lovehorse at 2020-04-03 20:02
鍵コメさん、
そうです。
今日が一番若い日です!!^^
人生はテッペンがある「山登り」ではなく、
今は「ハイキング」です。登ったり、下った
り、平地を歩いたり。そんなイメージ!!
遠くから、お互い、見守り合いましょうゾ!
by lovehorse | 2020-03-24 21:00 | 散歩 | Comments(2)

人生終盤、おしゃれも恋もなくなったが、食べたい!飲みたい!は、何故か衰えないっ。


by lovehorse
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31