ワインとオヤツで ダラダラ日曜日♪

土曜の昨日は、朝から運動⇒勉強会⇒飲み会という忙しい日でした。
でも雨がシトシト日曜日の今日は、朝から寝たきりです。こういう日も必要だし。(オバアチャンだからな)

ワイン(オットママが誕生日祝いに赤白送ってくれたの)を のみつつ、低糖質お菓子とイチジク。
c0212604_13322764.jpg

なんちゃんて生ハムもあるのですが、塩気のあるものを食べたい気持ちにならず。
今日はなぜか眠いので、寝られるだけ寝てようと思います。
オットもいないので(出張に行ったきり)、ダラダラし放題。^^


昨日の続きですが。
アラ還のこの先は、なかなか大変です。

今後、国は年金を出せないから、企業の方で65歳まで雇っておいてくれ、ということになりますよね。つまり65歳定年になります。一握りの人はきっと、会社の中で役員になったり、いわゆる勝ち組になっていくのでしょう。でも、他の大多数の人(オバチャンもそうだけど)は、何か「特技」を見つけて、それをプロレベルに磨いて(会社という場にかかわらず)いろんなところから仕事を受けていくようになるんじゃないか?と思います。だってさー、65歳まで同じ会社で活躍し続けるなんて、想像できないですよね?雇用は守られているから、ぶら下がり続けることはできるかもしれないけど、短い人生、時間の無駄です。だんだん事務能力も低下しているし(オレのことな)、老眼は進むし、仕事のスピードでは若い子に全くかなわない。それなら、何か他の若い人にはできない「特技」を身に着けて、それで勝負していくしかない。

会社というフィールドにこだわらず、特技を生かして稼いでいくような働き方をしないと!と思っています。そのためには、自分の特技を強化するような「学び直し」や「追加の学び」が必要だと思っています。(他の人より、自分を選んでもらわないといけないですからね。競争社会です)現在持っているスキルや資格では、まだ弱い。よりプロのレベルを目指して進んでいく必要がある。そして実力を強化することが、自分がしたい、本当の「人の支援」につながるのだ!!ということも自覚しています。

しっかりした実力を持っている人になりたい。
本当に人を支援できる人になりたい。


そして、ワタシの最終的な夢は、ホースセラピーを学ぶことです。外国へ何か月か資格を取りに、学びに行かねばなりません。でも、これは、必ず実現したいです。そして、心優しい馬ちゃんと一緒に、宮ケ瀬でホースセラピーができるオバアチャンになるんです!!(笑)今時点での、ワタシの夢です。まるで小学生の夢みたいだけど。あはは。

そういう「夢」を心に持って、毎日をすごすと、世界の見え方が違います。
今日は寝たきりだけど、明日から頑張るよぉ~!!


「老後」って、「お金」と「健康」のことだけじゃないですよ!
いや、「老後」って言葉自体、違和感を感じます。これからはその言葉、死語になるよ。

死ぬまで働く。
いろいろな利害関係から自由になるこの年だからこそ、自分の心のままに仕事を選べる!
そして何より、この年になったら「心の底が満たされるような仕事」をしたくなりますよね。若い頃みたいに「なんでもやりますっ!」じゃない。会社に与えられた仕事じゃない、自分で作っていく自分がしたい仕事をやるんです。

それが「人生の午後」なんだと思います。


(;・∀・) 理想ばっかりですけど、本気でそう思ってます。
みんなでガンバリマショウ!!40代の人も50代の人も、考えるのは今!

   ↓     ↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
Keep going on!
by lovehorse | 2017-10-15 14:34 | おやつ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://drunkhorse.exblog.jp/tb/28004881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by golmeg at 2017-10-15 15:06
夢や目標を失いかけて、この先死だけを迎えるつまらない人生なのか?!と思っていた矢先です。
63ですが、もう一度考えなおしたいと思います。
ステキな言葉頂戴しました。ありがとうございました。
そしていつもありがとうございます!
Commented by lovehorse at 2017-10-15 20:15
megらいおんさん、
コメントありがとうございます!!
megらいおんさんが、つまらない人生を送るなんて
ゼッタイ考えられないけど(笑)、アラ還になった今
だからこそ、自由に何かに挑戦できると思いませんか?
もうこの年になると、誰も何も言いませんしね! (゚∀゚)
Commented by michikusajinsei at 2017-10-17 06:14
確かに時間は意識しなければなりませんが、人生は時間で捉えるより季節のアナロジーで捉えるのが良いのではないでしょうか。寿命が90歳を超えようとしている時代、30年区切りで最初が青春、60歳までは朱夏、90歳までは白秋、そして最後が玄冬。午後4時というと夕暮れを連想してしまいますが、秋といえば稔り、自分自身に訪れる収穫期と考えればより豊かな時期だと思います。
Commented by lovehorse at 2017-10-17 06:50
michikusajinseiさん、
人生を1日に例えたのは、ユングです。
人生の午後になると、太陽の方向が変わるので、影の出来方が違う。見え方が違って来る…というところがこの例えのキモです。今までと違って、心の底が満たされるような仕事がしたくなって来たなぁ〜って思うんですよ。その気持ちを自分に統合していくことを、ユングは個性化(自己実現)と呼び、それは一生続くものだということで、その捉え方が今のワタシの心にピッタリ来ているというワケです!(^^)決して夕方が暗くなる…というイメージではありません。もう縛られるものがないワタシなので、これから何をしようか?!ワクワクします♪michikusajinseiさんは、まだまだ若いから背負うものが大きくて、
そうそう自分の自由にはできへんでっしゃろ?(笑)
<< 元箱根から旧箱根街道を歩きまし... 人生の午後 呑み会@菜な(KI... >>