Bedok 今☆むかし

1月8日(日)早朝

朝、起きてすぐに、バスでべドックへ来ました。
トアパヨも好きだけど、べドックの街も好きなんです。スープ麺が人気で、バス停で待ってるとおばちゃんが話しかけてくる、そんな優しい雰囲気のベッドタウン、Bedok.

駅の北側は工事中だったけど、かなりできてました。そして、こんな船型の展示もできてましたので、ちょっと足を止めて見学してみました。
c0212604_18435914.jpg

昔のイーストコースト。今でも庶民の休日を過ごす場所として、人気の場所だけど、昔からやはり人気だったのね。食べたり遊んだりボートレースしたり。
c0212604_18402418.jpg

上の写真についていた、説明です。今も家族でテント持って行って釣りをしたり、BBQ台を借りて、パーティしたり、2人乗り、家族乗りの自転車で走ったり。そんな風景を見ていると微笑ましい気持になります。
c0212604_18405146.jpg

こちらは1940年代のべドックビーチだって!こう見ると「南国」ですよね。ま、赤道直下だもんね。そりゃそうだ。
c0212604_1842168.jpg

でも、太平洋戦争時に、日本軍に虐殺された、多くの市民が葬られていたところでもあります。
c0212604_1842375.jpg

戦争のせいで、理不尽に殺された人がたくさんいることは、忘れてはいけないと思います。自分の家族が理不尽に殺されたら、どんなに悲しいか…。それが「戦争」なんですよね。
c0212604_1843929.jpg

そのための、このマリーナにあるモニュメントです。戦争を知らない子供たちのワタシも、バスの中から、これを見たら、心の中で手を合わせています。現在の、そして、将来の平和も、祈りたい。そしていつも親切にしてくれるシンガポールのみなさん、本当にありがとうございます。
c0212604_18433880.jpg

1974年。べドックがベッドタウンとして、発展し始めた頃。
そのころ、ワタシは日本で花の女子高生でした!(←カンケイないし)
c0212604_18441969.jpg

で。ワタシが、初めてシンガポールの空港に降り立ったのは、1986年。もう30年前ですが、反対にいうと、この30年でシンガポールはここまで発展したんですよね~。すごいな。
c0212604_18444491.jpg

駅の北側。好きな豚まん屋さんがあるFCの手前で、ずっと工事中だった場所は、こんな建物ができてました。何の建物なのかな。
c0212604_18494394.jpg


しかし。
なんて、シアワセな時代に生きているんでしょう?ワタシは。爆弾の音に怯えることなく、食べるものもに困ることもなく、命を取られることもなく。(仕事で失敗しても、命までは取られないもんな…)長い人類の殺し合いの歴史を考えると、この上ない幸運な時代に、生きさせてもらってます。

小中学生をお持ちの皆さん、夏休みは、ゼヒ、シンガポールへ。戦争を教える良い場所ですよ。グローバル人材になるためには、いや、人が生きていく上で、欠かせない視点だと思います。

お疲れさまでした~!!明日は頑張るぞ!!
今日も応援ありがとうございますぅーーー!!

  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ
にほんブログ村
by lovehorse | 2017-02-01 20:00 | Singapore2017 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://drunkhorse.exblog.jp/tb/26369378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lee_makan at 2017-02-04 14:48
前に友達が言ってました。
子供の頃(40年くらい前)、家族でビーチへ行って
お母さんがそこで焼きビーフンを作ってくれたって。
友達は8人兄弟なので、それはそれは大ピクニックだったんだろうな~と(笑)
そんな微笑ましいエピソードもあれば、セントサ島やビーチ沿いは戦争の悲しい出来事で一杯です。。。
Commented by lovehorse at 2017-02-04 20:33
Leeさん、
そうだよね~!ビーフンかぁ。
今でも家族でレジャーに来ている方多いよね。
見ていると、懐かしい気持ちがします。
悲しい歴史は、必ず未来に活かさねば!!
でないと、ただただ、殺されてしまった人の
命は浮かばない…。ですよね。
<< 137 Lor Mee;行った... 腰痛でお休み…です。(´・ω・`) >>