(前編)2日目のハイキングはRiffelalpからSunneggaまで。

9月20日(火)
この日は朝はマッターホルンは見えなかったけど、天気予報では晴れだったので、登山電車でRiffelalpまで登って、距離はあるけど高低差の少ないハイキングコースを歩くことにしました。
c0212604_20161796.jpg

こちらが地図です。右の黄色い☆から左の☆まで、森林限界のあたりを延々歩きます。緑の道が歩く予定だったところですが、曲がるところを間違えて、ピンクのところを歩きました。(途中ヤギ道もあり…笑)
c0212604_203018100.jpg

Riffelalpの駅で電車がごみを下しているのを見ました。そりゃそうだよね。こんな観光地だし、ゴミもイッパイでますよね。(山の上のトイレでもペーパータオルがあります)
c0212604_20183617.jpg

あ。マッターホルン雲の上に出てました。テッペンだけ。^^
c0212604_20414426.jpg

ハイキングコースは、歩きやすくて、楽しい。森林浴しながら。人にもあまり会いません。山が広すぎるからですね。
c0212604_20435229.jpg

途中、岩が流れるようなところがあります。怖いです。
c0212604_20475857.jpg

村?おウチが見えます。ペーターのおばあさんはこういうところに住んでいるのかな?
c0212604_2050252.jpg

途中川があったり。
c0212604_20543532.jpg

マッターホルンがこんあ感じに見えます。マッターホルンは常に見えている感じでした。で。本当はこの辺で曲がらないといけなかったのに、間違えて。
c0212604_20553780.jpg

「ここにSunneggaこっちって書いてあるよ」というオットのナビゲートについていきました。
c0212604_2058948.jpg

こんな山が見えました。勝手に「槍ヶ岳」とワタシが呼んでました。(笑)
c0212604_212085.jpg

振り返ると、やはりマッターホルンはこちらを見ていました。
c0212604_2133869.jpg

松ぼっくりカワイイ。でもほとんどはリスに食われて、残骸がハイキングコースに多く見られました。
c0212604_2155257.jpg

森林限界のあたりをずっと歩いてきたのですが、なぜかSunneggaに近づいたところで、岩々しいところに来てしまいました。
c0212604_21155920.jpg

左(下)を見たら怖い。道も狭くて、とても誰かがきたらすれ違えない!!そんな道をしばらく歩いて、しょぼーん。やっぱワタシは高所恐怖症ぎみです。

しばらく、そのヤギ道を歩いたら、平坦な道に出ました。ほっ。
c0212604_21202622.jpg

ぐるっと歩いて、もうすぐSunneggaです。そこからケーブルカーで降りるつもりでした。

(後編につづく)

ハイキングって人生に似てる。
今日も応援、よろしくお願いいたします~♪

  ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
Commented by lee_makan at 2016-10-04 09:51
道を間違って怖いとこに出たなんて。。。それも知らない山の上で。一人だったら絶対泣いてる~!
でもまたハイキングコースに戻れて良かった良かった。
ところで、こういうところのトイレ事情ってどうなんでしょう。
あまり水分を取らないのは他所でトイレにあまり行きたくないからで。。。
日本やシンガでも、ヒィ~!ってとこありますからね(^^;
Commented by lovehorse at 2016-10-04 22:18
Leeさん、
こちらは「登山道」で、スキーのストック
みたいなのを持った、本格的な人が来る道で
ハイキングコースではなかったんです。
ワタシ高いところがとっても怖いんだという
ことを、改めて思いました!!
トイレは2時間ごとぐらいに、設置してある
場所が地図に示してあるんですが、やはり
ランチ場所に到着するまでは、水は最小限に
してました。^^
by lovehorse | 2016-10-03 22:12 | スイス2016 | Comments(2)

人生終盤、おしゃれも恋もなくなったが、食べたい!飲みたい!は、何故か衰えないっ。


by lovehorse