アジロンダック(Adirondac)スパークリングワイン

先日、土曜日の午後、これを開けました。お茶がわりの、昼間のスパークリングということで。
(^^ゞ

通販でポチったものですが、このアジロンダックという品種に興味があったんです。
c0212604_5553790.jpg

◆アジロンダック [Adirondac]
ヴィティス・ラブルスカ種(アメリカ系)。小粒、ピンク色。 樹勢が強く耐病性があるため山梨で広く栽培されていたが、ヴィティス・ラブルスカ種特有の香りが強いことと熟期に房からの実離れが起こりやすいため、現在栽培しているところは少数。(出典:日本ワインを愛する会

ヴィティス・ラブルスカ種は主に生食用やジュースにする、アメリカ系のブドウ品種です。アジロンダックについては、飲んだことがない気がしますので、買ってみました。
c0212604_6134580.jpg

「ほんのり甘口」って書いてあったのですが、甘い!!ワタシには、デザートワインに感じました。そして、独特の華やかな香りがあります。イメージとしては、カワイイ若い女子の集まりにもピッタリな、チャーミングなスパークリングワインでした♪(酒飲みのオバチャンには、ちょっと甘すぎたので、ストッパーつけて3日くらいに分けて頂きました)

次回はスパークリングじゃない、アジロンダックのスティルワインを試してみます。

なんだか台風が東京に近づいているようです!!
注意してお過ごしくださいね。

 ↓   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
Commented by pino at 2016-08-17 17:15 x
珍しいワインですね。
でもなぜか名前だけ効いたことがある気がするんです?
赤のスパークリングも美味しいのありますよね。
そんなに飲んでませんが(・_・;)
ほんのり甘いは、やっぱり甘いんですね。
うふふ・・チャーミングという表現・・・分かります。
静岡とシンガポールの旅、楽しませてもらってます(^-^)
Commented by lovehorse at 2016-08-17 18:55
pinoさん、
そうですよ!ほんのり甘いは、相当甘いってことみたい。
シラーズのスパークリングは、結構好きです。
肉にも、焼き鳥にも、照り焼きとかにも合うし。
日本もいろんなブドウ品種があるんですね。気候に合う
合わないがあるんでしょうが。奥が深いね!(^o^)
by lovehorse | 2016-08-16 09:00 | ワイン | Comments(2)

人生終盤、おしゃれも恋もなくなったが、食べたい!飲みたい!は、何故か衰えないっ。


by lovehorse