人生終盤、おしゃれも恋もなくなったが、食べたい!飲みたい!は、何故か衰えないっ。


by lovehorse

鳴子温泉の宿☆登良家(とらや)

3月4日(土)の夜は鳴子温泉に泊まりました。駅前からこけし三昧な鳴子温泉です。(笑)
c0212604_2332813.jpg

こちらの宿は、楽天トラベル予約したのですが、とらやという宿です。支払い総額は13000円くらいです。トイレも共同の、古い下宿屋さんみたいな宿です。
c0212604_2341635.jpg

しかし、なんとも居心地の良い宿でした。最初から布団が敷いてあるのも風邪が本格化していたワタシにとっては、安心な感じでした。
c0212604_2343250.jpg

コタツも久しぶりです。うちにはコタツはないので…。
c0212604_2344741.jpg

一瞬散歩に出ましたが、風が強くて「ダメだ!」とすぐに戻りました。お隣はこけしの工房でした。
c0212604_235523.jpg

そして夕方17時から温泉へ。結局滞在中誰にも会わなくて、一人で窓を開けて山を眺めたりしながら、お湯を楽しみました。
c0212604_235239.jpg

シャワーもついてない、温泉だけ!って感じのお風呂ですが、このお湯がまた良いんです。ツルツルです。一瞬、美肌になった…気がしました。(爆)もちろん源泉かけ流しです。
♪ ババンバ ♪バンバンバン♪って一人で歌ってました。(天井から「ポタリ」と実際、水滴が落ちてきた!なんだか嬉しかったです~)
c0212604_2353691.jpg

お風呂から上がったら、お茶請けを持ってきてくださってました。お饅頭とこんななの。
c0212604_2355669.jpg

どう見ても、お酒の肴です。買ってきたグリラベ飲みました!
c0212604_2361030.jpg

ご飯がまた豪華。あんな宿泊費だったのに、こんなに出るなんて想像していませんでした。
c0212604_2364428.jpg

アワビのお刺身つき。
c0212604_2365833.jpg

牛肉の朴葉焼。お味噌や野菜も下に敷いてあります。
c0212604_2372376.jpg

梅酒もついてました。
c0212604_2373620.jpg

お刺身の中に、生の蟹もついてました。これ、美味しい。お酒(森泉を結局、宿の近くの酒屋で購入)にとっても合いました!ウマーい!
c0212604_237483.jpg

うう、腹が苦しい…と思っていたら、さらに追い打ちをかけるように、ハマグリの土瓶蒸し。
c0212604_2384192.jpg

レンコンまんじゅうの蒸し物。
c0212604_2385298.jpg

最後のダメ押しで、お蕎麦、ごはん、お吸い物(マイタケのかきたま汁)。さすがのワタシもごはんは全部食えず。(1合はあった)でも、このお米がとっても美味しかったんです。お姉さんが仰るには「川渡の農家と契約していて。そこから直接買っているお米」だとか。
c0212604_239465.jpg

そしてごはんが終わったら、湯たんぽを持ってきてくださいました。
c0212604_2392474.jpg

細やかなサービスがステキな、心も身体も温まる、そんな宿でした。旅の宿の満足度は、結局、設備とかそういうのじゃない…ということを実感した宿でした。神奈川からは遠いけど、ぜひまた一人でゆっくりしに行きたい宿です。
風邪気味ながらも、ぐっすり眠りました!!ただし夜は寒かったよ~!
(朝ごはんへつづく。笑)

いい宿だと思ったら、リピーターになるよね!^^
今日は寒そうだけど、一日頑張りましょう~!

  ↓   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://drunkhorse.exblog.jp/tb/26483273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lee_makan at 2017-03-08 09:02
おうちみたいなお部屋。
チャンチャンコが合いそうな(笑)
でも食事は豪華~、これで13000円ですかっ!
いいお宿に出会えて良かったですね!
Commented by lovehorse at 2017-03-08 19:58
Leeさん、
そうそう。古いオウチです。
長く湯治をする人も多い鳴子温泉らしく、
宿に洗濯機があったりします。
ご飯は食べきれる人はいないんじゃないか?!
と思います。(笑)でも、美味しかったです。
by lovehorse | 2017-03-08 07:00 | 乗り鉄☆飲み鉄 | Trackback | Comments(2)